配当金のもらい方

「株を持っていればってどのくらいにわたり?」「株を買ったらすぐにもらえるの?」などいろいろ問もわいてくる。

こういう頁では、如何に配当勘定を買うことができるのか?配当勘定をもらう具体的な術を解説していきます。

配当勘定のもらいかた

一年中だけ株主も配当勘定は取れる

配当勘定は、店が決めた資格ジャッジ日光(通常は店の決算の日光、詰まり1年の締めの日光やまん中決算の日光など)に株主だった自身がいける。この日を「資格ジャッジ日光」と言います。3月決算の会社であれば、3月後半が資格ジャッジ日光となることがほとんどで、この日にその店の株を持っていた自身が配当勘定を買う資格を得ることができるのです。

そう、その店の株をずっと保ち続けていなくてもいいんです。一年中だけ株主になって、配当勘定をもらう資格を得たらすぐに売ってしまっても配当勘定はちゃんともらうことができるんです。

ここで注意しなければいけないのは、配当勘定をもらうためには資格ジャッジ日光に株主でなければいけないのですが、資格ジャッジ日光当日に買っても配当勘定はもらえません。株は順当、売り買いをした日光、つまり株を買った日光を含めて3提示日光後の受け渡しになります。

ウェブサイト証券のみで取引する自身には実感がないかもしれませんが、株を買った即日はまだ自分が株主にはならないのです。3提示日光後の受け渡しが済んではじめて株主になるのですが、決算の即日は株の受け渡しをしないので、配当勘定を得るためには資格ジャッジ日光の3提示日光前までに株を買っておかなければいけません。

配当落ち

そうすると、配当の資格だけもらって翌日に売ってしまえば利益だと思われがちですが、配当勘定の資格付きやめ売買日光(配当勘定の資格がもらえる日光のイベント)の翌日は、配当合計の分だけ株価が下がってしまうことが多いようです。
配当勘定が対象で株を買った自身は、資格付きやめ売買日光の翌日に一丸売ってしまうので、その分株価が下がる傾向にあるようです。

せっかく配当勘定を買う資格を得ることができても、その分株価が下がってしまったら意味がないので、配当勘定狙いで株を貰う場合は、1年のうちの短いところで買い、配当の資格を得るまで保ち積み重ねるという術がすばらしいみたいです。

配当勘定を買うのに手続きは無駄

配当勘定を味わう資格を得たら、あとはもらうための順番などは特にありません。証券店に届け出たゾーンに小包振替決済通知が送られてきて、小包テレビ局で換金することができます。あらかじめ払い込みポケットを指定しておけば、ポケットに振り込んで頂ける。

証券会社によっては、その証券店のポケットの残金に自動的に足してもらえる箇所もあるみたいです。
いずれにせよ、特に順番などは必要ないので、配当をもらえるまで気長に待っていましょう♪

バイナリーオプション