株価について

株を貰う時折「株価×株数」の金額が必要になりますが、こういう株価は常に動き続けている。

株価が短いケースなら安く買えるし、株価が高ければその株を購入する資産も豊か必要になります。

株価が安いときに買って高いときに並べるのが完璧ではありますが、その前にまず株価はどうして仕上がるのかを知っておく必要があります。

株価は誰がどうして決めるの?

株価を決めるのは、われわれ顧客だ。株価というのは、「○付き円で買いたい」という顧客って、「○付き円で売りたい」という顧客の間で、代の折り合いがついたところで職種が成立します。一番最後に折り合いがついた代が現在の株価になるのです。

例えば、とある株は現在の株価が100円でした。決算のPRが良い手法だったので、顧客Aは100円で買いの配送を出しました。顧客Bは、どうしてもその株が欲しかったので、150円で買いの配送を出しました。その株を持っていて売りたい顧客Cは、当然高い値段で買ってもらえるBに売りますので、その株には150円の代がつきます。

上の例のシーン、売りたい顧客よりも買いたい顧客のほうが多かったので、買い方の是非が深く、株価ものぼりました。買い方の是非が硬い、詰まり買いの配送のほうが売りの配送よりも多ければ、売りたい者は価格を上げて多少なりとも高く買ってくれる者に売れるので、株価は上がっていきます。

逆に売り奴の是非が強くて売りの配送のほうが買いの配送から多ければ、買いたい者は多少なりとも安く売ってもらえる人から貰うために配送の値段を下げて安く買おうとするため、株価は下がっていきます。

買い方・売り奴の勢いで株価はなる

買いが優勢(買いたい人のほうが多い)ときは譲る近くが有利になります。

顧客A「100円で買います」
顧客B「150円で買います」←顧客D「あなたに売ります」
顧客C「120円で買います」
これでベスト高く買う配送を出していた顧客Bが株を買うことができ、株価は150円に決まります。

売りが優勢(売りたい人のほうが多い)ときは貰う近くが有利になります。

顧客A「100円で売ります」←顧客D「あなたから買います」
顧客B「150円で売ります」
顧客C「120円で売ります」
これでベスト安く売る配送を出していた顧客Aが株を譲ることができ、株価は100円に決まります。

そして、とも金額が合わない場合は職種が成立しません。

顧客A「100円で買います」
顧客B「120円で売ります」
この場合、「100円で売ります」という者が出てくれば顧客Aは100円で買うことができ、株価は100円で決まります。「120円で買います」という者が出てくれば顧客Bは120円で並べることができ、株価は120円で決まります。

並べる近くは多少なりとも厳しく売りたいし、貰う近くは多少なりとも安く買いたいので、その時に橋渡しされ買い配送や売り配送の状況で職種が行われて株価が決まります。

このように、職種が成立するたびに株価は動き、じつは何百万者という要る顧客陣がたくさんの配送を出しているので、株価はその都度上下して変化していきます。就業の多い(職種が盛んな)株は常に株価が動いているんです。

こういう配送の機会、つまり「○円で買いたい」「○円で売りたい」という配送が代ごとにどのくらいあるかは「板(兆候データ)」と言って、ウェブ証券のふところを持っていれば現時点で見ることができます。

このように、株価はわれわれ顧客が買いや売りの注文を出すことによってまとまるので、決算の記録が良かったり、素晴らしい通知がでたりすると、その仕事場の株を貰う者が増えて買い方の是非が優勢になるので株価が上がるんです。

買いが優勢(買いたい人が多い)・・・株価はあがる
売りが優勢(売りたい人が多い)・・・株価は後ずさる
株価が変位講じる組織はわかりましたか?それでは、次は株で儲かる2つのものにあたって解説していきます。

トレードで使うテクニカル分析手法