株の仕組み

株って何?株は?

株を買って株主になる(株式に投資する)というのは、簡単に言ってしまうとその店舗の持主になるようなものです。

我らが株を買うことを通じて、店舗を運営するためのお金を出して贈ることになります。投資家に株を買ってもらってお金が集まると、店舗は集まったお金を使って、新しい事業をしたり、初々しいクライアントを雇ったり、装備舵取りなどをして、今よりも大きな利益を上げられるようになります。

その旨味の一部を配当財貨や株主優待という形で株を買ってくれた株主に返還してくれます。

つまり、儲かっていそうな場所に投資する(その場所の株を貰う)ことによって、有する株数によって旨味の一部を受け取ることができるわけです。

そして、店舗が今よりも大きな旨味を挙げるようになると、株価は上がっていきます(株価が伸びるシステムは次項で仕様します)。株価が上がると、その株を持っている投資家は買ったシーンよりも厳しく売れるので、儲けをします。

こういう買ったシーンよりも激しく売れたときの旨味を、差益とか差益と効く、誰かが「株で儲かった」とかいう話をするときは、通常はこういう差益(差益)で大きな利益を出したことをいいます。

逆に、店舗の経歴が悪くなれば株価は下がり、その店舗の株価は買ったシーンよりも賃料が下がってしまうので損をしてしまう。株を貰うときはその店舗が成長しそうな店舗かどうかが重要になってきます。株は元来「舵取り」だということを忘れないでください。

株はクライアントという店舗との系

株のシステムを理解すると株は単なるお金儲けの手段ではなく、クライアントって店舗との系であると言えます。

あちらの事をよく確かめ、よく分かり、本当に良いと思った場所に投資をする、ライフ付き合えるような親友や相手を生み出すような感覚で投資する場所を見い出すことになります。

手元の旨味や稼ぎを儲かることにとらわれて「儲かりそうな商標」を捜すのは最初は楽しいかもしれませんが、長く続けていくって面白くなくなってくるかもしれません。

しかし、長く付き合う場所、応援したい場所を捜し出すは楽しいものです。

本当に嬉しい場所を見つけたときの喜び、その場所の成長して行く楽しさが株の本当の楽しさだと自身は思います。そしてその結果として、安定した配当財貨のお金なども定期的に来るようになっていきます。

株の第一歩

16世紀中葉、欧州ではさかんに船による貿易が行われていました。しかし、船を組み立てるのには大きな費用がかかります。もし船が潜水したり海賊に襲われたりした場合大きな損害が出てしまう。貿易勤務は大枚が必要で、それを合計失うというリスクも起こる勤務でした。

そこで、オランダのある会社ではチャージを詰めるために世界で初めて 株(株式) を支給しました。

旨味をもらえて、負けは出した稼ぎの分け前まで

株を買ったクライアントは、貿易で生まれた旨味を稼ぎを出した割合に応じてもらうことができます。もし船が潜水したり、海賊に襲われたりして損が出たとしても、その損は株を買ったみんなで分担することになるので、全ての損を負担することにはなりません。(株を持っている比が可愛いほど受ける損も小さくなります)

例え船が潜水して全てがなくなってしまったとしても、株を買ったクライアントは出した稼ぎは合計失ってしまいますが、それ以上を要求されることはありません。

どんなにリスクのある旅も、出した稼ぎ以上の不安を背負う大丈夫のです。

よりたくさんの旨味を取り出すために大きな船を取る、そのために株においてみんなから稼ぎをかき集める、それによって生まれた旨味は株の飼い主に頒布(配当)講じる。これが株式会社の第一歩だ。

株は元々は「安く買って厳しく売って旨味を稼ぐ」ものではなく、勤務に投資してその旨味の配当を受けるために始まったものなんですね。オランダで始まった「株式会社」が、世界でこれほど普及したは、こういうシステムがそれだけ優れているという証拠に他なりません。

今の株式舵取りもしくみはおんなじ

これは今の株式舵取りも同じです。株を持っている店舗の旨味を株を持っている割合に応じて考えることができます。(旨味のうちどのくらいを株主に返還するかは店舗によりますし、配当が無い店舗もあります)

店舗の旨味が大きくなり株価が昇ることや配当の金額が大きくなるのに「いくらまで」という際限はありません。長期的に株価が何倍にも何十倍にもなることもあるし、配当財貨がどんどん大きくなって出向くこともあります。

それに対して負けは店舗がどれだけ大きな損失を出したとしても、我ら投資家が損をするのは株を買った予算分け前までだ。

株を持っていた店舗が倒産という最悪の事態になったとしても、持っていた株の本領が空白に近くなってしまうことはあっても、「あなたが株を持っている店舗が○億円の損害を抱えて倒産したから株主のあなたもいくらか支払って下さい」ということはありませんので安心してください。

それでは、次は株を貰うシーンや譲るときの「株価」はどう仕上がるのかについて解説していきます。

バイナリーオプションのトレードをする方法