株で儲ける方法

株で儲けるには2つの方があります。1つは株を買った瞬間より高く売って値鞘の得を取り出す利鞘(マージン)、更には配当儲けなど「株を持っているためもらえる得」のインカムゲインをもらうことです。

株の得1 利鞘(マージン)

利鞘は、株を買った瞬間よりも高い価格で売ったときの得について、マージンとも言います。

「株で儲かった」というときは、通常はこういう利鞘のことを言っていることが多いです。こういう利鞘は、株の価格があっという間のうちに上がれば、短い期間でも大きな利益を出すことができます。こういう利鞘を得るための方はいくつかあります。

デイトレ(あっという間投機)

株の価格は一年中のうちも変動するので、一年中で大きな得を授けることも可能です。今流行のデイトレーダーは、こういう株の一年中の値幅の中で、買ったり売ったりを繰り返し、ちっちゃな得を様々譲るため、せっせと得を稼いでいる。

こういう一年中の値幅で株を売買することをデイトレと言い、デイトレをする人のことをデイトレーダーと言います。デイトレーダーは、一年中の値幅で投機を繰り返し、通常その日の終わりには手持ちの株をオール手放して翌日に持ち越さないという方法で株の投機をします。

中期操作・長期間操作

デイトレは、超あっという間の株の投機ですが、ほかにも利鞘を得るには中期操作や長期間操作という操作の建前もあります。

こういう中期操作・長期間操作は、デイトレのように一年中の値幅で株を売買するのではなく、長い目で見ていずれ高騰しそうな株(割安株や成長しそうな所の株)を買い、年中保ち続けて、高騰講じるのを待つという操作方だ。

デイトレという中長期の違い

デイトレの場合、株価が一年中に働く値段は決まっているので、株価が何倍にも至るは薄いかわりに、細かい得を何度も何度も積み重ねていきます。「1パーセンテージの得を100回やればダブル」という予想、もしくは巨額の源で0.1パーセンテージの得を鳴らすという予想ですね。

中期操作や長期間操作の場合、株価が買ったときの何ダブルという価格になるということもありえます。手持ちの株がどんどん値上がりしていって、買ったときの何ダブルという価格になって、何時売ろうかと考えているときは、すごく内心が相応しいものです♪

買った瞬間という売ったときの株価の格差での得なので、利鞘は「株を売ったときにもらえる得」とも言えますね。

株の得2 インカムゲイン(配当儲けなど)

買った瞬間より高く売って儲かる利鞘について、インカムゲインは「株を持っているためもらえる得」だ。いわゆる不労所得になるのはこちらのインカムゲインの側だ。

インカムゲインには配当儲けと株主特典があります。キャッシュでもらえるのが配当儲けで、所のものや付きやディスカウント券などタイプでもらえるのが株主特典だ。

配当儲けや株主特典は何もしなくても株を保ち続けていれば定期的に入ってきますから不労所得だと言えますね。

バイナリーオプションFXブログ